(0761)22-3855

お気軽にお問合せ下さい。

加賀おかだ動物病院

医療機器紹介

様々な症状に対応出来るように、最新の医療設備を導入しております。
大切なワンちゃん、ネコちゃんの負担の軽減にも繋がります。

  • 眼圧計

    icare TONOVET

    動物へのストレスが少ない眼圧計です。緑内障やぶどう膜炎などの診断の補助になります。

  • 生化学検査器

    arkray SPOTCHEM D-02

    臨床化学自動分析装置です。肝臓や腎臓の数値、ミネラルのバランスなどを測定することができ、病気のスクリーニング検査や術前検査として使用します。

  • 人工呼吸器

    KOHKEN KVS-2100

    豊富な換気パターン/モードと多彩な機能をもった人工呼吸システムです。従来のものに比べ肺への負担を減らすことができ、呼吸器疾患のある患者の手術や心肺蘇生をより確実に行えます。

  • 麻酔器

    KOHKEN KM-3100

    高い機能性と安全性をもった麻酔機です。吸入麻酔を使用することができます。

  • 顕微鏡

    SHIMADZU BA210E

    無限遠色補正システムを採用した顕微鏡です。モニター付きのため寄生虫や細胞の説明が視覚的にでき、静止画だけでなく動画でのデータ利用も可能です。

  • X線フラットパネル

    Rayence 1417PCA

    thumb-1

    高性能のデジタルX線センサーです。撮影後すぐに画像が表示されるため待ち時間が短縮されます。また、パソコンでのデータ管理となるため簡単に以前の画像と比較できます。

  • 超音波診断装置

    HITACHI ALOLA arietta70a

    患者への侵襲がない高性能の超音波診断装置です。従来のものより解像度が優れているため、わずかな病変でも発見することができます。また腹部の病変だけでなく、血流の計測により心臓の精密検査にも役立ちます。

  • 高周波電気メス

    ERBE VIO300D

    高性能の高周波手術装置です。多彩な切開/凝固モードと出力の自動制御により、通常の電気メスと比べ組織の熱損傷や出血が少ないため動物への負担が少なく、手術時間の短縮とともにより高度で繊細な手術にも対応できます。

  • 手術用モニター

    FUKUDA M・E BioScope AM130 TYPE E

    動物用では初の換気量が測定できる生体情報モニターです。手術中のわずかな変化も描出されるため、従来のものより即座に対応でき、麻酔リスクのある患者でもより安全に麻酔をかけられます。

  • 心電図

    FUKUDA M・E D500

    thumb-1

    自動解析装置付きの心電図です。心臓の病態把握のために超音波やレントゲンと併せて評価したり、術前検査として使用します。

  • 小動物用ICU装置

    FUKUDA ME Dear M1

    酸素濃度、温度および湿度を管理することができ、循環器、呼吸器疾患だけでなく術後のサポートとして使用します。

  • 小動物専用X線撮影システム

    SHIMADZU SXA-10

    高画質、低被爆を実現した高性能インバーター式X線高電圧装置です。

  • 犬CRP測定器

    arrows Laser CRP-2

    炎症マーカーであるCRPを測定することができます。通常の炎症の指標である白血球よりも特異的で感度が高いため、初期病変や治療の回復の指標になります。

  • 外科用マイクロエンジン

    NSK Surgic XT Plus

    整形外科や口腔外科で使用するマイクロハイスピードドリルです。骨折治療や抜歯などの手術時間の短縮が可能になりました。

  • チタンインプラント

    Sophia Tech

    整形外科に用いるインプラントです。チタン素材ですので、ステンレスとは異なり基本的にはプレート抜去を必要としません。1.2mmのサイズからありますので、極小犬でも対応可能です。

  • 電子内視鏡

    FUJIFILM sapientia

    細径スコープの電子内視鏡システムですので、小型犬や猫の上部消化管を検査できます。また、開腹せずに誤飲による異物を摘出することが出来ます。

  • ポータブルレントゲン

    VATECH Any Ray Ⅱ

    ハンドポータブルレントゲンとしては最高電流量の機器ですので、歯科以外にもカテーテル外科、整形外科領域でも使用します。

  • 動物用ICUユニット

    Menix MENIOS

    大型犬収容可能なICUです。酸素濃度、温度および湿度管理を3部屋それぞれで調節することができ、救急管理や術後のサポートに用います。

  • 自動血球計算装置

    IDEXX ProCyte DX

    白血球5分類、網赤血球数、猫の血小板を正確に分析する世界標準の自動血球計算装置です。炎症、脱水や貧血などの項目を2分で測定することができます。

  • 生科学検査器

    IDEXX Catalyst One

    腎臓や肝臓の数値、ミネラルのバランスなどが正確に短時間で測定することができます。病気のスクリーニング検査や術前検査として使用します。

  • 非接触型モニターシステム

    CLAIRVO2

    映像だけではなく、入院中の動物の心拍や呼吸回数などを離れた場所から確認することができます。飼い主様も自宅で入院中の様子を見ることができます。